ワインとチーズに合う、いぶり菜っぱが「農林水産大臣賞」・野沢菜漬が「関東農政局長賞」を受賞しました!

MORE

  • はじまりは土づくりでした
  • 美ヶ原の麓 恵まれた環境
  • 農家さんとの信頼関係
  • 採れたてをそのままに
  • 竹内の野沢菜漬
  • 土づくりについて もっと見る

    はじまりは土づくりでした

    そして、地元にある材料を用い、 様々な改良を加えて、 おいしい野沢菜を作るための、 有機質堆肥をつくりあげました。

    創業者の竹内武四郎は、 農協の営業指導員であったことから 「良い農作物は良い土づくりから」 という考えを持っていました。

    中山道 和田宿 美ヶ原と霧ヶ峰の高原が連なる この大自然豊かな山麓に 竹内農産はあります。

    水について もっと見る

    美ヶ原の麓 恵まれた環境

    漬物づくりにとって重要な水。 本物の製品づくりに欠かせません。

    偶然にも、 大自然の力で濾過された、 このやわらかくまろやかな水は、 漬物に最適です。

    澄みきった清らかな水が、 ひとときも途切れる事なく こんこんと湧き出でいます。

    山々に囲まれた 自然豊かなこの場所は、 長野県でも有数な湧水の地です。

    農家さんについて もっと見る

    農家さんとの信頼関係

    皆さん、本物の味と質にこだわる、 まっすぐな方ばかり。 今、その頑固な農家さんの輪は、 全国へと広がっています。

    農家さんとのお付き合いは 長い人で三十年以上にも及び、 苦楽を共にしながら 信頼関係を築きあげてきました。

    野沢菜は、 市場に出回らない野菜のため、 農家さんとの 契約栽培になります。

    製法について もっと見る

    採れたてをそのままに

    おいしい野沢菜を収穫し、 おいしいまま漬け込む。 採れたてにこだわるその想いは、 こうして畑から食卓へ届きます。

    竹内の野沢菜漬は、新鮮な風味を、 そのまま畑から食卓へ届けられるよう、 その日に採れた野沢菜を その日のうちに漬ける製法で つくられています。

    野沢菜は採れたてがいちばん。 この採れたてのおいしさを、 そのまま食べてもらいたい。